記事一覧
クラミジアとコンジロームの関係とクローン病

クローン病は若い世代の患者が多いとされていて、口腔内から肛門までの全ての消化器官に潰瘍ができる病気で原因不明のために根治療法などは確立されていません。 しかし、クローン病に関する診断基準などは定められているので、医療機関を受診するとクローン病かどうかの判定をすることができます。 潰瘍性大腸炎などもクローン病の一種とされているので潰瘍の部位によっては効果的な治療が行われるようになっています。 クラミジアとコンジロームはどちらも性感染症で、クラミジアは自覚症状があまりないので気が付きにくいのですが、コンジロームの場合は性器にイボ状の突起物ができるので性器や肛門のまわりにイボ状の突起物がある場合にはコンジロームの感染が疑われます。 クラミジアに関しては世界的にも流行しているので感染が疑われる場合はすぐに検査を受けて治療をしなければならないのですが、症状が軽いことで積極的な治療が行われずに結果的に感染が増えています。 クラミジアは妊娠している女性が感染すると乳児がクラミジア肺炎になったり、早産や流産の原因にもなるので、将来的なリスクを考えた場合には定期的に検査キットなどを使って検査を行って、感染が確認できたら性病科などで治療を受けることが必要です。 また男性の場合は泌尿器科でも治療することができるのですが、尿道炎のような症状しか出ないことから淋病などの重い感染症にかかってから受診することが多いとされていて、淋病とクラミジアの感染が同時に発見されることも多くなっています。 若者の場合は不特定多数のパートナーとのセックスが多くなるので、性感染症の検査を定期的に行うことが重要なのですが、不安が大きいことから検査をしない女性も数多くいて感染の原因にもなっています。

2019年10月12日
クラミジアの治療と頻尿の原因とブログ

クラミジアによる頻尿の可能性があるのは主に男性で、尿道に炎症が起きることで膀胱の知覚神経が刺激されてトイレに行ってもすぐに尿意を感じてしまうことがあります。 女性の場合は頻尿の原因は膀胱炎が多いとされていて、クラミジアは子宮に感染するので直接の原因にはなりにくいとされています。 女性の膀胱炎は尿意を我慢することで細菌が繁殖してしまって炎症が起きるのが一般的なので、頻尿の場合でも我慢をしないでトイレで排尿することが非常に重要となります。 クラミジアは男性の尿道に感染しますが多くの場合は尿によって体外に排出されてしまうので精巣炎などを起こさないのですが、免疫力が弱っている場合には尿道から奥に侵入して精巣炎などの感染症を引き起こすことがあります。 女性は子宮内膜炎や卵管炎になることもあるので注意が必要なのですが、とくに妊婦の場合は早産や流産の可能性が高まってしまうので、クラミジアに感染をしている男性とのセックスは控えなければなりません。 クラミジアはコンドームをしても感染する確率が高いので、粘膜の接触をしないようにセックスの最初の段階からコンドームを装着しなければなりません。 オーラルセックスをすると喉の中に感染して扁桃腺炎を起こすので、性器だけではなく全身の症状に注意をしなければなりません。 ブログでクラミジアなどの体験談などの情報を閲覧することで予防方法などを学ぶことができますが、とくに風俗嬢のブログを見ることで、クラミジアによる感染が身近にあることを知ることができます。 行政や自治体でも性病の予防や検査を促していますが、実際に性病を体験した人のブログを見ることによって、性病の恐ろしさを認識して予防に対する意識が強くなります。

2019年09月14日
クラミジアと、ばいどくの違いと抗体検査

ばいどくは病原体によって引き起こされる性感染症で性行為やキスなどによって感染するので、粘膜の接触は避けなければなりません。 基本的には性器から性器に感染することが多いのですが、ばいどくはキスによって感染するだけではなく、乳首や輸血からも感染すると考えられるので、食器やカミソリなどを共用する場合には、ばいどく患者のものは別のものにしなければなりません。 ばいどくは抗生剤によって十分に治療をした後に抗体が完全に低下するまで定期的に検査を行って再発や再感染を防がなければならないのですが、抗体を検査する場合にはクイックテストを行うと15分程度で結果がわかりますが、感染をしてから6週間以上経過していないと抗体を検出することができません。 クラミジアは世界的にも多いとされる性感染症で粘膜が直接触れることで感染するのでタオルや食器などから感染することはありません。 クラミジアは若い女性に多い性感染症なので積極的に治療がされないのですが、女性の場合は感染が肝臓まで広がるおそれがあるので早期に発見して治療をしなければなりません。 初期症状が軽いのである程度感染が進まないと気が付かないのですが、顔などに赤い斑点ができたら感染の可能性が高いので性病科や泌尿器科を受診してクラミジアの抗体検査をしなければなりません。 不特定多数のパートナーがいる場合は特定するのが難しいのですが、セックスをしたパートナーも一緒に治療をすると再感染を防ぐことができるので将来的なリスクを低下させることができます。 風俗などで感染している場合はクラミジア以外の感染症についても検査をしておく必要があります。 抗生物質の投与によって2週間程度で抗体が完全に低下するので定期的な検査や診察を受けて早期に発見することが重要です。

2019年08月18日
クラミジアによる残尿感と写真による確認

男性の場合はクラミジアの感染が進行することで尿道炎や前立腺炎が起きるので残尿感が生じる可能性があります。 男性の性器の粘膜は亀頭の入り口から尿道にかけてしかないので感染してもクラミジアの細菌が尿によって排出されることが多いのですが、ごくまれに尿道から精巣や前立腺にまで観戦をすることがあり、残尿感は感染が進んだ場合に見られる症状です。 クラミジアは女性に多く見られる性感染症なのですが、初期症状が軽い場合が多いことで放置される場合がありますが、顔などに赤い斑点ができた場合には性病科などを受診する必要があります。 自宅で感染の確認をする場合にはネット上の感染者の写真を参考にするとクラミジアによる赤い斑点かどうか判断することができます。 クラミジアなどの細菌が原因の発疹は特徴的な形をしていることが多いので、写真を見ると判別できるので早期発見をすることができます。 また水泡などができた場合には他の感染症の可能性が高いので写真で確認するだけでなく血液中の抗体を検査するなどして感染を確認しなければなりません。 女性の場合は子宮から細菌が侵入して子宮内膜炎や卵管炎などが起きるのですが、抗生剤を投与することで短期間で完治するのでクラミジアの症状が出た場合にはすぐに性病科や皮膚科、泌尿器科を受診して治療を始めることが大切です。 女性の残尿感の原因は膀胱炎が一番多いとされていて、膀胱内に細菌が入ることで引き起こされています。 自由にトイレに行けない職業に就いている女性に多いとされていて、残尿感だけでなく、頻尿などの症状も出るので、泌尿器科を受診すると簡単な検査で膀胱炎であることがわかるので、細菌の有無が確認できた場合には抗生剤を投与すると短い期間で完治させることができます。

2019年07月30日
クラミジアによる匂いとパーキンソン病について

クラミジアに感染するとおりものが増えるので分泌物の匂いが変わってくるのですが、自分の性器の匂いをチェックすることが難しいので、おりものの色の変化によって感染したことに気がつくことが多いとされています。 クラミジアは女性に多い性感染症で子宮内膜炎や卵管炎の原因になることがあるので早期発見が重要なのですが、初期症状が軽いことで放置される割合が比較的高いとされていて、世界的にも感染者が増えているクラミジアの対策は急務とされています。 クラミジアによる性器の匂いは細菌感染による炎症が原因なので膿から発生しています。 クラミジアの検査は性病科で行われていますが、自治体によっては定期的に性病の無料相談や検査などを行っているので、保健所などで検査を受ける方法もあります。 インターネットを利用した性病検査もありますが、健康保険が適用されていないので割高になります。 パーキンソン病は筋肉のこわばりが起きるので、それによって手足の動きが不自由になって、体全体が固く縮んだようになるのが特徴です。 しかし、これ以外にもパーキンソン病に特有の症状としてはまばたきの回数が減少したり、健康な人と比較して体の動きが異常に少なくなることなどがあります。 パーキンソン病は薬物療法によって体の機能を維持するのですが、運動機能が低下しないようにリハビリテーションも同時に行うことが重要とされています。 薬物の効果が見られない場合には最終的に寝たきり状態になることがあるので、専門的な治療を行うことができる大学病院などで適切な治療を行う必要があります。 またパーキンソン病はうつ病が同時に生じることが多いとされているので、落ち込みや意欲の低下などの軽いうつ症状に気がついたらSSRIなどの投与が必要になります。

2019年07月01日
クラミジア治療は何科へ行けばいい?

クラミジアは最も多い性感染症といわれていて、治療をするためには泌尿器科や性病科などのある病院を受診しなければならないのですが、女性の場合には婦人科などで検査をすることができます。 クラミジアのような性感染症は蔓延するおそれが大きいので地方自治体の保健所などでも検査を受けることができるので、他の性感染症などにも感染していないか調べることができます。 クラミジアは女子高生が感染することが多いことがデータ等で確認されているのですが、症状が他の感染症と比べると軽度なことから自然治癒を待つ女性も多くいます。 女性の性器は体の内側にあるので感染を放置しておくと子宮内部まで菌が繁殖してしまって子宮内膜炎や卵管炎になるので不妊や流産、早産の原因にもなります。 潜伏期間が1週間から3週間程度なのでその期間に性交渉をした男性が感染原因である可能性があるのですが、不特定多数のパートナーがいる場合には感染源がわからないので、医療機関で治療をしたとしても再度感染する可能性が高くなります。 とくに妊婦の場合には妊娠中の保菌者とのセックスによって感染するので、必ずコンドームを使用させるなどの対処が必要となります。 男性の場合にはクラミジアに感染をしても症状が軽いので医療機関で検査などを受ける頻度が少なくなっていて、軽度の尿道炎を起こす程度なので、気が付かないまま他の女性に感染させている場合もあります。 男性の場合にも放置をしておくと陰嚢まで感染してしまって不妊の原因になることがあるので注意が必要で、治療は抗生物質を服用するだけなので、気軽な気持ちで検査を受けて治療を受けることが重要です。 またパートナーが感染した場合には二人で治療を行わないと何度も感染を繰り返します。

2019年06月16日
クラミジアの感染経路

クラミジアは性器クラミジア感染症ともいい他の性感染症を含むSTDの中でももっともポピュラーな感染症です。 その感染経路の第一はクラミジア感染者との性交渉です。 男性の場合感染し潜伏期間が過ぎれば症状はすぐに出ますが女性の場合は自覚症状が少なく、知らずに相手に感染させてしまうという場合もあります。 自宅で簡単に検査出来るキットも発売されていますので何かおかしいと思ったら大事なパートナーを感染させない為にも検査してみる事をおすすめします。 クラミジアの感染経路としては経口感染もあります。 どちらかが感染している場合はキスだけでも感染してしまうという事です。 これは他のSTDでも同じです。 オーラルセックスでもNGです。 しかし、感染経路としてはほぼ100%性行為が原因となりますのでそれ以外の経路での感染はほぼ無いとも言えます。 例えば経口感染するといっても回し飲みをしたくらいで感染する様なものでも無く空気感染もしません。 お風呂やプールなどでも普通は無いと考えられています。 他のSTDで温泉で感染する場合もありますが、クラミジアは熱に弱いからです。 トイレでも過剰な心配は必要ありません。 ただ0%というわけでは無く、感染者の体液が便座にべっとりついて、そこに運悪く自分の性器が触れてしまったなどという事があれば感染する可能性があるという程度です。 この様にクラミジアの感染経路はそのほぼ全てが性行為によるものだと言えます。 しかし感染力が強く、ありふれている菌なので稀に全く心当たりが無い感染もあります。 もし自分が感染した場合は自分が感染源とならないうちに適切な治療を受けましょう。 そして完治するまできちんと完治するまでしっかりと治療しましょう。

2019年06月05日